蜂はとても危険な虫!退治する時は気を付けることが沢山ある

家の中から一網打尽

男性女性

ゴキブリの出現に悩んでいるなら、ゴキブリ駆除業者に依頼し、効き目の強い薬剤で一網打尽にしてもらいましょう。料金としては、家屋全体を対象とした場合でも、概ね60,000円程度で済むので、大きな負担はかかりません。

もっと読む

根絶した害虫がまた復活

作業員

トコジラミは南京虫とも呼ばれ人を刺して吸血します。刺されると激しいかゆみに襲われます。繁殖力が非常に高いので早急なトコジラミ駆除が必要です。殺虫剤はスプレー缶やくん煙剤などがあります。また熱処理をすることにより駆除できます。

もっと読む

害獣による被害を防ぐ

ネズミ

最近のネズミ駆除は、場所に合った方法で作業を行います。複数の方法を組み合わせるケースも多く、アプローチの方法は多種多様です。ネズミ駆除を依頼する時には、業者側の料金体系を十分に把握しておく必要があります。

もっと読む

危ない虫を知る

ハチ

倒したい種類

日本にはスズメバチやクマバチなど様々な蜂がいますが、その全てが人間を刺すわけではありません。人を刺せる針を持っているのは雌であり、クマバチの雄は刺す真似だけをします。またクマバチは温厚な蜂として知られていますので、室内に入り込んだ場合は外に出られるように導くと良いでしょう。逆に即座に退治したいのが攻撃性と毒性の高いオオスズメバチやキイロスズメバチです。巣に近づくのは厳禁ですし、室内に出た場合はできるだけ安全な服装をして退治することが大切です。もしも山中でこうしたスズメバチの巣に近づいた場合、カチカチと言う警戒音が聞こえます。警戒音を無視して巣に接近すれば攻撃されてしまいますから、その場からゆっくりと立ち去ると良いでしょう。

危険なシーズン

安全に蜂を退治する上で知りたいのが、蜂の性別です。一般的に針を持っている雌は雄よりも体格が丸く、顔が大きい特徴があります。こうした蜂を退治する時は接近せずに対処できる薬剤や、刺された際の薬の準備が欠かせません。蜂は場所を変えながら営巣する虫です。また巣ができれば餌を確保する必要が生まれますので、屋外で鉢合わせる機会も増えます。蜂を退治する準備は夏場から初秋にかけて行っておくと良いでしょう。こうしたシーズンは蜂に刺される人達の被害が増えます。また自宅に軒下や木の洞など蜂が巣を作りやすいポイントがある場合、営巣されないように薬剤を散布しておくと理想的です。蜂は巣を守る時に最も凶暴性を増しますから、退治の必要を省くためにも巣を作られない努力をしましょう。